平成24年文部科学省 大学間連携共同教育推進事業 採択事業 宮城大学・兵庫県立大学「コミュニティ・プランナー育成のための実践的教育課程の構築」(CPEC)

コミュニティ・プランナー・プログラム-COMMUNITY PLANNER PROGRAM-(CPEC)


お知らせ

お知らせ

学生交流会1日目 2013年9月2日(月)神戸市
2013年09月10日

■メリケンパーク(震災メモリアルパーク)見学

震災遺構と学生

神戸港震災メモリアルパークでは、被災したままの状態で保存されたメリケン波止場や、神戸港の被災状況とその復興過程を伝える展示施設等を見学しました。

 

■神戸震災復興記念 公園みなとの森公園 運営者のお話と見学

3みなとのもり

みなとの森公園では、みなとの森公園運営会の辻さんより、市民ワークショップによる公園づくりから運営までのお話を伺い、公園の使い方や地域住民をまきこむ手法等を学びました。

 

■ NPO法人ウィズ・ネイチャー 代表のお話と事務所見学

4ウィズ 5事務所と学生

神戸にて子育て支援を行っているNPO代表西森さんから、神戸市内に避難をしてきた母子を対象とした支援事業についてのお話しを伺いました。子供達の安全を考えて避難した母に対して、これまでどのような支援が必要とされたのか、自立支援のための商品開発等について学び、学生からは神戸での取り組みに対する質問や宮城での活動についての意見を求める様子が見られました。

 

■ 六甲風の郷公園 安心コミュニティプラザ「風の家」 運営団体からのお話と現地見学

4'風の家 DSCF3618

都市部における震災復興のまちづくりの活動として、地域住民が主体となって行政と協働し、区画整理事業等を進めた経緯を伺いました。この時にできた地域コミュニティが基礎となり、地域活動の拠点となる集会所「風の家」をつくり、その運営団体の佐藤さんより補助金を受けずに行っている自主管理・自主運営についてのお話しを聞きました。