平成24年文部科学省 大学間連携共同教育推進事業 採択事業 宮城大学・兵庫県立大学「コミュニティ・プランナー育成のための実践的教育課程の構築」(CPEC)

コミュニティ・プランナー・プログラム-COMMUNITY PLANNER PROGRAM-(CPEC)


お知らせ

お知らせ

「 第1回 ダイアログ Bar at MYU 」を開催します。
2014年05月14日

第1回 ダイアログBar at MYU 「伝統的な祭り×コミュニティ」

コミュニティ・プランナープログラムでは、ファシリテーションやインタビューなどの
地域で活動するための様々な技能を学ぶと共に、ワークショップやワールドカフェ
などの課題解決の場の運営方法に実際に触れてもらうことで、地域課題の解決に
貢献できる様々な技法の習得を目指していきます。

CP実践論試行プログラム「ダイアログBar」では、こうした技法を用いながら
現在、地域の第一線で活躍している方々との対話(ダイアログ)を通じ
自分たちが地域で活動するイメージを探っていくことを目指します。

【開催概要】

日時:2014年5月27日(火)放課後 17:50-19:00

場所:宮城大学大和キャンパス 管理棟4階 グループ演習室(宮城県黒川郡大和町学苑1番地1)

ゲスト:児玉雅充(こだま まさみつ)島田飴まつり実行委員会委員長・叶蔵(かのうぐら)オーナー

ホスト:平岡善浩(ひらおか よしひろ)事業構想学部 教授、CPプログラム・グリーンデザイン部会

テーマ:伝統的な祭り×コミュニティ

開催チラシはこちら

【申込方法】
氏名・所属(学生の場合は学籍番号)をメールにてお送り下さい。
申込メールアドレス E-mail:f-kyodok@myu.ac.jp

※定員40名程度を予定しております。先着順といたしますので
万が一満員の場合はご了承ください。

【ダイアログBarとは】
様々なバックグラウンドを持つ参加者同士が「ダイアログ(対話)」を通して
より良い解決策を探っていくことを目的とする話し合いの場。

対話を通じ、異なるものの見方・捉え方を知り、自分一人では気づかない
新たな発見に出会うこともダイアログバーの特徴です。

【事務局】

宮城大学 大学間連携共同教育推進事業 企画推進室
仙台市太白区旗立2-2-1 太白キャンパス
Tel:022-245-1642 Fax:022-245-1534