平成24年文部科学省 大学間連携共同教育推進事業 採択事業 宮城大学・兵庫県立大学「コミュニティ・プランナー育成のための実践的教育課程の構築」(CPEC)

コミュニティ・プランナー・プログラム-COMMUNITY PLANNER PROGRAM-(CPEC)


お知らせ

お知らせ

グローカル地域おこしセミナーを2月10日に開催します
2016年01月06日

CPプログラムが主催するセミナーのご案内です。

特に「グローバル」「ローカル」「地域おこし」に関心の高い
自治体や企業の皆さまには、大きなヒントになると思いますので
ぜひご参加いただければと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本のまち・むらの地域課題と、開発途上国のそれとは
相違点もあるが意外と共通点や類似点が多い。

ローカル(地域)自らが、開発途上国等のグローバル(地球規模)な
交流・協力に取り組み、既成概念にとらわれない
新しい発想や価値を見いだし、地域活性のヒントを得る。
このようなグローカル地域おこしが各地で取り組まれている。

宮城県の丸森町でも、ザンビアと“農業” を通しての
交流のなかから地域活性の芽が出てきている。
今回は、各地でグローカル地域おこしに取り組む・取り組もうと
している方々や海外からの視点で地域おこしに
取り組んでいる方を講師に迎え、グローカル地域おこしや
それを担う人材について考えてみたい。

 

グローカル地域おこしセミナー

日時 平成28年2月10日水曜日18時30分~20時30分(ミニ交流会~21時30分)

会場 公立大学法人宮城大学 地域復興サテライトキャンパス
仙台市青葉区中央4-6-1 住友生命仙台中央ビル(SS30)2階
https://myusendai.wordpress.com/

 

プログラム

■講演 「グローカル地域おこし」
三好 崇弘 氏(NPO 法人 PCM Tokyo 理事長)

■パネル討論 「グローバルとローカルは本当につながるか」
パネリスト
三好 崇弘 氏(NPO 法人 PCM Tokyo 理事長)
村瀬 達哉 氏(JICA 東北支部長)
ケンタロ・オノ 氏(キリバス共和国名誉領事・大使顧問)
石塚 武夫 氏(丸森町住民自治組織耕野振興会 総務部長、石塚養蜂園 代表)
菅野 将央 氏(宮城県農林水産部農村振興課・青年海外協力隊OB)
コーディネータ
郷古 雅春(宮城大学 食産業学部 教授)

■ミニ交流会(会費制500 円)
ゲスト、参加者同士で交流をしましょう︕

主催 宮城大学

後援 JICA東北

―――――――――――――――――――――――――――――――
【申込方法】
「氏名」「所属(学生の場合は大学名・学部・学年)」
「ミニ交流会の出欠」を明記のうえ
以下の問い合わせ先までメールにてお申込みください。

*件名は「2/10 グローカル地域おこしセミナー」としてください。

申込締め切り 平成28年1月29日金曜日17:00

【問い合わせ先】
宮城大学 大学間連携共同教育推進事業 企画推進室(担当︓高橋・白幡)

■E-mail cp-suishins@myu.ac.jp
■Tel 022-245-1642
■Fax 022-245-1534
■住所 仙台市太白区旗立2-2-1( 太白キャンパス)

 

※詳しい内容についてはチラシ【PDF2.5MB】をご覧ください。