平成24年文部科学省 大学間連携共同教育推進事業 採択事業 宮城大学・兵庫県立大学「コミュニティ・プランナー育成のための実践的教育課程の構築」(CPEC)

コミュニティ・プランナー・プログラム-COMMUNITY PLANNER PROGRAM-(CPEC)


お知らせ

お知らせ

3月14日「宮城大学・兵庫県立大学コミュニティ・プランナー育成プログラム称号授与式」を挙式致しました
2017年03月31日

3月14日(火)は、コミュニティ・プランナープログラムの全科目を修了し、卒業が決定している学生に与えるコミュニティ・プランナーアソシエイトの称号授与式を執り行いました。

 

今年度、称号が授与される学生は3名となり、コミュニティ・プランナープログラムとしては初の称号授与となります。

 

 

授与式では、各学生からのコメントがありました。

 

事業構想学部4年 佐藤春香さん

 

地域の中に入り、地域の方と接し創り上げた自分たちの提案を、実際に地域で活動している行政の方やNPOの方などからフィードバックいただける機会もあり、この3年間のコミュニティ・プランナー プログラムでの実践的な学びは大変貴重な経験となりました。進路先は地元自治体となるので、この経験を活かし、地元のまちづくりに貢献していきたいと思います。

 

事業構想学部4年 南満帆さん

 

コミュニティ・プランナー プログラムを受講し、自分の「人としての幅」が広がったと思います。このプログラムをとおして様々な課題解決に取り組んできた経験を活かし、今後も頑張っていきたいと思います。

 

食産業学部4年 太田隼人さん

 

コミュニティ・プランナー プログラムを受講して実際に地域の方々のお話を伺う中で、地域の方々の考え方や自分の考え方を複合的に考える習慣を身につけることができたと考えています。今後も地域活動に参加し、本プログラムでの経験を積極的に活かして行きたいと思います。

 

 

称号授与後は、授与者の皆さんの前途を祝して、関係教職員との懇談の場が設けられました。学長から「今回のプログラムの成果をどのように生かしてほしいか」というはなむけの言葉が送られ、集合写真を持って終了しました。