平成24年文部科学省 大学間連携共同教育推進事業 採択事業 宮城大学・兵庫県立大学「コミュニティ・プランナー育成のための実践的教育課程の構築」(CPEC)

コミュニティ・プランナー・プログラム-COMMUNITY PLANNER PROGRAM-(CPEC)


お知らせ

お知らせ

4月16日「第一回CPフィールドワーク演習ガイダンス」を実施しました
2017年05月24日

4月16日、CPフィールドワーク演習のガイダンスを実施しました。

 

今年度の受講者は21名となり、昨年度CP実践論を受講した学生が中心となり履修しています。

はじめに講義スケジュールや講義の位置づけが共有されました。

 

 

本講義では、昨年度のCP実践論に引き続き、

宮城県大崎市鳴子温泉地区鬼首地域をフィールドとして、授業が展開されていきます。

昨年度各グループで考えたプロジェクトを、地域で実現していくために、

外部講師の三好崇弘氏をお迎えして「PCM」の手法を学びました。

 

 

はじめに、PCM手法を用いた計画立案を解説いただき、グループごとワークショップ形式で学んでいきました。

 

 

 

「自分たちが何をしたいか、なぜやりたいか」という目線で計画をするのではなく、

「なぜこれをやらなければいけないのか」という視点で、期間や予算の視点も持ちながら、

実現可能なプロジェクトを考案・展開することが重要であることを学びました。

 

 

次回の講義では、実際に鬼首地域に訪問して、地元の住民のみなさんとの交流やヒアリングを通して、

各グループの計画をブラッシュアップしていきます。